憂鬱な気持ちをノックアウト【気分が上がらない場合は心療内科へ】

女性

気分がすぐれない原因

男性

気分というものは、その日によって変わるものですが憂鬱な気分が長期間にわたって続く場合においては、うつ病などの病気が考えられます。その場合には悪化する前に治療を行うことが重要です。治療では症状に合わせてカウンセリングや投薬治療が行なわれます。

View Detail

心の声を聞いて欲しい

先生

自力では難しい事もある

気持ちがふさいで晴れない事は誰にでもあります。日常生活においては楽しい事ばかりではありません。辛くて嫌な事やストレスを感じてしまう事もたくさんあります。気持ちがすっきりしない憂鬱な気持ちを吹き飛ばそうと様々な気分転換をするのです。美味しい食事や適度にアルコールを頂くのは手軽な方法です。気の置けない友人との会話も気分が盛り上がります。時間に余裕があれば旅行に出かけて現実から離れてみるのも良い方法です。カラオケで大きな声を出して思い切り歌ったり、ウォーキングなどで身体を動かすのも良いです。悩んだ時には一晩ぐっすり寝れば疲れも取れて前向きになります。いずれの方法を選ぼうとも自分にとって楽しいと思える事をするのが憂鬱な気分を吹き飛ばすには一番です。一時的に気持ちが落ち込んだとしても気分転換で心が落ち着けば憂鬱はそれほど深刻ではありません。現代はストレス社会です。適度なストレスは生きて行くのに必要です。ストレスを克服していく事で人は成長します。強くもなり色々な事に適応する能力もついてきます。ですから憂鬱になっても克服する術を知っていて自分で感情をコントロール出来るなら問題はないのです。注意しなくてはならないのは憂鬱な気分が一過性ではなく続く時です。このような時は心身のバランスが崩れ精神的に不安定な状態です。精神面の不安から体調不良になってしまう人もいます。こうなると鬱の症状が深刻になっている可能性があります。心療内科に行って診察を受けた方が良いかもしれません。

専門家の力を借りて治す

心療内科に出向く事は少し勇気が要ります。ですが気後れする必要はありません。人は風邪を引いたら病院に行きます。病気にならないように健診も受けます。心身共に健康でいられなければ健康ではないというのは多くの人が納得出来る事です。そう考えれば気持ちが落ち込んでしまった時に病院に行くのは当たり前です。むしろ早い段階で受診すればそれだけ早く治ります。病院に行くと専門医師が自分に合った形で治療をしてくれます。一人で悩んでいると悪い方向へ考えてしまい深刻になりがちです。自分の心の中を十分に話す事が出来ると安心します。そして一緒に向き合ってくれる医師の存在が心を強くしてくれます。気持ちが上向く中で治療を受ければ治るのも早くなります。以前は心の病には理解があまりありませんでした。しかし最近は心の病が体調や行動に大きな影響を及ぼすと認識されてきました。学校や企業でもメンタルヘルスを重視してカウンセリングルームを設ける所も増えました。心療内科の需要が高まっています。心の状態は身体に比べると見えにくいです。しかし心が健康である事も身体の健康と同じくらい大事です。身体が年に一度の健康診断が必要だと言われるなら、心も同様に定期的に健康診断が必要なのかもしれません。現代はストレス社会です。そしてこれからも心配事や悩み事は色々尽きないでしょう。心は見えないだけに一人で葛藤する人が数多く出てくるであろうと予想出来ます。増々心の声を聞いてくれる場所は必要とされます。心療内科の需要が増える事は間違いないのです。

誰にでもある感情から見る

スーツの男性

憂鬱という感情は、誰にでも起こり得るものではありますが、それは同時に、心の病気の前兆としても起こるものなのです。そのためこうした感情がひんぱんに起こるようでしたら、一度は専門家を訪ねて、その診察を受けるべきでしょう。

View Detail

憂うつが続いたら

看護師

憂鬱とうつ病の違いは時間の長さです。憂鬱は数日で治るのに対して、うつ病は二週間以上も継続します。うつ病の疑いがある場合、なるべく早く精神科や心療内科で見てもらいましょう。うつ病は早期治療が大切です。また万が一のときに信頼できる医師を選べるように、日ごろから情報収集しておくと良いでしょう。

View Detail