憂鬱な気持ちをノックアウト【気分が上がらない場合は心療内科へ】

笑顔

気分がすぐれない原因

男性

気分がすぐれない理由は

気分が良くなく憂鬱な気持ちが長期間にわたって続いている場合にはうつ病など精神的な病気が関係しているかもしれません。うつ病など精神的な病気は憂鬱な気分から始まり重度になると気力も削がれてしまうというものです。ただ、他の病気と異なり精神的な病気に関しては、気分次第で憂鬱な気持ちを吹き飛ばすことができますし、回復することも可能ですが、反対に言えばちょっとしたストレスや気分で憂鬱な気分が再発することがあります。いずれにしても、気分がすぐれない場合には充分に精神的な休息が重要とされます。気分がすぐれなくなる理由としては、環境の変化がもっとも大きく影響してきます。生きている上では、さまざまな悩みを抱えることになりますが、ささいな理由でも憂鬱な気分にさせます。このため深く考えこまないことが重要です。一方で気分を良くする方法としては適度な趣味を持つことや、運動をすることなどがあります。小さな楽しみがあれば、憂鬱な気分を改善することができますし、運動は身体の代謝を高めるため精神状態を健全に保つのに役立てることができます。特に運動に関しては単なる散歩から、ジョギングやサイクリングなど身体を動かすものであれば、なんでも良いとされます。しかし、それでも気分がすぐれないといったことが続くケースには神経性の病気が潜んでいる可能性があり、うつ病の可能性があります。うつ病といっても運動療法で改善することも可能ですが、簡単には改善しないことも多く専門のクリニックに受診し適切な治療を受けるのが無難です。

治療するのは可能か

気分がすぐれない状態が長く続いた場合には専門のクリニックを受診して適切な治療を受けるのが無難ですが、精神的な病気であるため良い医師のいるクリニックを選ぶのが重要になります。なお、治療およびカウンセリングは健康保険の適用となっているため日本国内では比較的、費用を気にせずに治療を受けることができます。基本的な治療では、カウンセリングが中心になりますが必要に応じて薬を処方することになります。良くないクリニックの場合には不必要な薬を処方するケースが多く、反対に病気を悪化させるリスクがあります。治療に使われる薬としては、抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬などがあり、それぞれの症状に合わせて処方されます。例えば憂鬱な気分からゆっくりと睡眠が出来ない場合には睡眠薬ですし、漠然とした不安などがある場合には抗不安剤などが処方されます。抗うつ剤はうつ病と診断された場合に処方されます。いずれも精神に関する神経に作用するため眠くなるといった副作用が出るものですが、投薬を受けることで少しずつ症状を改善することが可能です。投薬そのものは症状と薬の効き具合を見ながら行なわれます。これらの薬は精神に関する神経に作用するため依存性が現れるケースもあり漠然とした長期間の服用はしないことが求められるためです。このため充分に薬による効果が出たら、徐々に減らしていくといった手順で治療を行うことになります。なお、うつ病においては充分な休息が求められるので、休息後の社会復帰までが治療の一環になります。